イタチ駆除を早めに考えておこう|害獣から農作物や家を守る!

笑顔の男性作業員

雑食性の動物

一軒家

イタチとは哺乳類の動物の一種で、ネコ目イタチ科イタチ属という種類に分類される動物の総称をいいます。日本に生息しているイタチの種類は、元から生息しているニホンイタチという種類と外国から移ってきたチョウセンイタチという種類がいます。イタチは雑食の動物で何でも食べる習性があります。主にニワトリやネズミ、ウサギなどを食料として食べています。肉食ばかりではなく、柿などの果物類も食用として食べている非常に様々なものを食べる雑食性の高い動物なのです。イタチは人間の住宅などに侵入して食材を荒らすこともあります。そのためイタチ駆除の作業を行う必要が出てきます。イタチ駆除を行わないと様々な悪影響を及ぼしてしまいます。

イタチはとても凶暴性の高い特徴があり、被害をもたらす場合も多いのです。イタチの主な被害として挙げられるのが、その凶暴性の強さから家などに侵入すると天井裏を走り回り騒音を上げることや、糞などの被害、ごみなどをあさり散らかす被害、住宅などに侵入して食品などを荒らす、断熱材を壊すなどとても様々な被害をもたらすのです。主に住宅に侵入して起こす被害が多く、人々を悩ませています。イタチは身体能力がとても高く、軽々と住宅の壁などを登ることができます。軽々と壁を渡り歩き、天井などに侵入して棲家を作ります。天井などに住み着いてしまうと被害は大きくなってしまいます。一番大きな被害は騒音であると言われていますが、排泄物による被害も大きいのです。イタチの排泄物は臭いが強烈です。そのため糞尿などをすると天井からでも匂ってきてしまい、多大な被害を及ぼします。ひどい悪臭のなかで生活することは苦痛以外の何物でもありません。一度臭いがついてしまうと消すことは難しくなります。そのためそうならない前に、イタチ駆除を依頼することが重要なのです。イタチは住宅に侵入すると食品なども荒らす傾向が見られます。イタチは雑食動物なので、基本的に何でも食べてしまいます。人間の食べ物もほとんど食べてしまいますので、その被害に悩まされている人は多くいることでしょう。食材を食い散らかして家の中を荒らしてしまうので、そうならないためにもイタチを住宅に侵入してしまわないように気を付けることが大事です。しかし、イタチは細い形態をしているためどんなところからでも侵入してきてしまい、知らぬ間に住宅に住み着いてしまっている場合が多いのです。住宅に何か不審な物音などがするなと感じたら、早めのイタチ駆除依頼を行うことをおすすめします。